国宝 臼杵石仏−大分県旅行.com−

国宝臼杵石仏を堪能し、歴史の偉大さを感じる

大分県旅行.com TOP大分・臼杵TOP大分・臼杵 観光名所 > 国宝 臼杵石仏







国宝 臼杵石仏 / 臼杵市

 

 大分県臼杵市にある国宝臼杵石、60数体ある磨崖仏は、昭和27年国の特別史跡に選ばれた後、今まで離れ離れになっていた頭部と胴体が一つになり、平成7年6月に国宝に指定されました。国宝には59体の石仏が指定されました。
 磨崖仏では全国初、彫刻においても九州発の国宝指定だそうです。
 ここにある磨崖物は平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫られたようですが、未だに残る色などは歴史の凄さ、技術の凄さを体感できます。
 九品の阿弥陀像(ホキ石仏第二群第二龕)
 9体の阿弥陀如来像が彫られています。一つだけが台座に座っているのが気になります。一番位が高いのでしょうか?比較的欠損具合が大きかったのですが、平安時代後期の作だということです。説明が流れるボックスがあるので、これを聞きながら回ると詳しく分かります。
 また臼杵石仏周辺は毎年8月3週目にはかがり火がたかれ、石仏群がかがり火に浮かび上がる幻想的なお祭りが催されます。


由布院特集 温泉パラダイス九州
住所 臼杵市深田延内804-1
電話番号 0972-65-3300
営業時間 日の出〜日没
定休日 無休
料金 料金大人 530円  ハリコとの共通券 700円
駐車場 50台 アクセス

Copyright 2006 大分県旅行.com All Rights Reserve