楠木生(影迎木) −大分県旅行.com−

八幡社のご神木

大分県旅行.com TOP大分・臼杵TOP大分・臼杵 観光名所 > 楠木生(影迎木)

人間と比べると大きさが分かる







楠木生(影迎木)  / 大分市戸次

 

 大分市戸次地域にある大きな楠の木、楠木生(別名影迎木)の紹介です。
 大分の観光雑誌にはまず載らない、しかし、この木なぜ載らないの?と、思ってしまうほど巨大な楠の木です。樹齢は約800年。この神社のある場所に、八幡大神の姿が現れたと言うことで、社殿を造ったといわれています。
 楠の木は八幡社の神木で、別名影迎木とも言われるそうです。
 駐車場はありません。行く道も地元の人しか通らないような道沿いにあります。しかも、国道を走っていてもまず気付きませんが、一度実際に見ると、あぁ〜あそこに見えるなって思います。
 私もこの近くに29年住んでいますが、まったくきずきませんでした。しかもすぐ横の道をよく通っていたのに。。。そのくらい神秘のベールに包まれたこの楠の木をぜひ見に行ってみてください。


由布院特集 温泉パラダイス九州
住所 大分市大字下戸次
電話番号
樹齢 800年
高さ 23m
幹周り 11.1m
駐車場 5台 アクセス

Copyright 2006 大分県旅行.com All Rights Reserve